アマチュア画家の風景画

アクセスカウンタ

zoom RSS 事例44 鶴見緑地公園の滝のあたり

<<   作成日時 : 2009/11/30 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

課題:水面・雑草・樹木の描き直し
ジパングクラブの出口先生スケッチ教室で「鶴見緑地の滝と渓流を描く」に参加しました。実は今年の夏に同じところでスケッチしていて、夏草が生い茂っていたのでこの時期はどのように変化しているのか興味がありました。
程よく紅葉が見られ、渓流を取り巻く雑草も色ずいていました。しかしその雑草と水面が描いているうちに濁り、右の樹木も存在感が薄いため、もう一度描こうと思います。
(しかしながら、修正前の画像が消失していますので、加筆・修正後の画像を紹介します。)

ガッシュで樹木の緑、水面、水面左右の雑草を描き直してから特に右の樹木の枝・幹を描きいれました。当初の画面では画面の下が切れていたので少し上に上げてみました。画面奥の林は暗いですが右の樹木、左下の水面の暗さによってバランスがとれた結果となりました。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
事例44 鶴見緑地公園の滝のあたり アマチュア画家の風景画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる