アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
アマチュア画家の風景画
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
大学同期会参加した翌日スケッチしました
大学同期会参加した翌日スケッチしました 大学同期会が「しあわせの村」で6月12日行われ、翌日しあわせの村を2枚スケッチしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/18 20:17
鉢伏高原の別宮の棚田をスケッチしました
鉢伏高原の別宮の棚田をスケッチしました 5月17-18日別宮の棚田を2枚スケッチしました。帰宅後加筆修正しましたので紹介します。 @5月17日にスケッチした作品は下の通りです: 帰宅後加筆訂正後の作品は下の通りです。(スケッチから見てほしい所を絞り込みました) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 16:52
紀州加太に行きました。
紀州加太に行きました。 2017年4月24日に家内と共に休暇村紀州加太に一泊二日の旅行を楽しんできました。 加太に行く途中、和歌山城を見るため先ず和歌山市役所14階にあるレストランから和歌山城を眺めスケッチしました。 その後お城の大手門の前でもスケッチしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/02 18:18
函館スケッチ旅行(二日目・三日目)
函館スケッチ旅行(二日目・三日目) 函館で一泊した翌日は午後3時過ぎに大沼公園に向かうので、それまで函館で観光スポットの一つ、立待岬に行きスケッチする。 この作品は最初に考えていた構図と違って手前の海面が単調になってしまった。 函館でもう一か所、外国人墓地からの眺めもスケッチするが、着彩出来ずに終わる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/25 16:41
函館スケッチ旅行(一日目)
函館スケッチ旅行(一日目) 長崎スケッチ旅行(本年4月)では当初「教会の塔のバックに港が見える風景」を期待していたが、佐世保で港が マンシヨン等のビル群に遮られて見られず失望したが、函館の旅行案内書では教会のバックに港が見えている写真が紹介されているので、先ず11月1日に札幌に飛び小学校・中学校時代の友人たちと会って旧交を温めてから函館行きの高速バスを利用して翌朝函館に着いて先ず渡島当別にあるトラピスト修道院」に向かう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/25 16:01
若い婦人
若い婦人 榎本教室(朝日カルチャーセンター芦屋)で6ー7月に同じポーズで2回水彩で若い婦人を描きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/04 16:21
事例研究 スケッチ「佐世保にて」の加筆・修正
事例研究 スケッチ「佐世保にて」の加筆・修正 小田切訓の別冊アトリエ「塔と港町を描く」で佐世保の教会越しに港を俯瞰している作品を見て、長崎スケッチ旅行の三日目に佐世保に行きましたが、教会はありましたがその前にマンションが立ち並び港が見えず教会だけスケッチしました。 <div align="center">に 教会を再度描き直し、後ろの港は想像した建物群にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/10 17:44
事例研究 スケッチ「長崎 中華街」の加筆・修正
事例研究 スケッチ「長崎 中華街」の加筆・修正 長崎スケッチ旅行で描いた「長崎の中華街で」はスケッチが終わりホテルに入る前に立ち寄ってスケッチしたため、中途半端のままおわっていました。 手前から奥へ続く商店と点景人物を描き入れました。 <div align="center"> ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/10 16:37
事例研究 スケッチ「オランダ坂」の加筆・修正
事例研究 スケッチ「オランダ坂」の加筆・修正 4月27日からの長崎スケッチ旅行で描いた「オランダ坂」は中途半端のままで平板な作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/10 16:24
長崎でスケッチを楽しみました
長崎でスケッチを楽しみました 上田素久先生の長崎風景の個展をみてから、私も4月27日から2泊3日の長崎スケッチ旅行に行ってきました。 1日目は大浦天主堂と長崎港が望める祈念坂を登りスケッチしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 18:53
事例研究 箕面の渓流
事例研究 箕面の渓流 日画の写生会(7月27日)が箕面公園で開催されましたが、昼前から雨になり描いていた作品に雨が当たり、ドロドロになりました。 先ず画面上部の暗い緩やかな坂道と樹木を描き直し、渓流に置かれている岩石を描き直し、右の二つの崖を描いてから水面を描き直しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/15 11:13
六花亭(小樽)に展示されていた相原求一朗の作品
六花亭(小樽)に展示されていた相原求一朗の作品 2008年6月に立ち寄った六花亭(小樽)で展示されていた相原求一朗の作品の一部を以下紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/07/18 10:36
小樽でスケッチを楽しみました。
小樽でスケッチを楽しみました。 (2008年6月にniftyのブログに投稿したものを、2009年10月にこのブログに投稿していましたが、画像が消えていましたので、記事を再表示してから、画像を新規に貼り付けるものです。) 2008年6月に札幌で小学校、中学校の同期会・クラス会が開かれるの利用して前々日に小樽に入り、翌日ホテルの斜め前の見えていた旧日銀をスケッチ(F4号)し、更に北運河もスケッチし、六花堂の展示ルームで「相原求一郎」の油30号2点、デッサン8点ほどを見て感心しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/08 22:04
デッサン教室で最近デッサンした作品
デッサン教室で最近デッサンした作品 デッサン教室(多納三勢先生講師)で人物の他、竹籠・牛頭骨を描きました。竹籠は編まれた竹の組合せを陰影 と線で描くむずかしさ、牛頭骨では微妙な陰影の表現に挑戦しました。人物は5分のクロッキ=が主で10分・15分は最後のステップでした。以下に竹籠、牛頭骨、人物(頭部のみ)を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/25 10:36
デッサン教室で婦人像を描きました。
デッサン教室で婦人像を描きました。 読売のデッサン教室で2回ほど婦人像を描きました。茶色系のコンテに赤、青、黄色のコンテを準備して15分、20分ポーズの時は茶系プラス他の色を加えてみました。 一方西宮の水彩教室でも2回同一ポーズで婦人像を描きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/15 17:13
事例51 手前に枯れた葦をどう挿入するかの検討
事例51 手前に枯れた葦をどう挿入するかの検討 本年1月ニバスツアーで訪れた柏原宿でのスケッチは横の線が左右に伸びており、手前に斜めに伸びた葦を入れることにより遠近が強まり作品が活性化しますが、どう入れるかを検討します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/26 17:13
事例50 作品を完成させます。
事例50 作品を完成させます。 1992年6月に、NHK西宮教室の写生会で阪急宝塚の「花のみち」を描きましたが、未完成であることがわかりました。これを完成させようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/25 17:39
レーピン展を観に行きました。
レーピン展を観に行きました。 2月21日播州赤穂からの帰途、姫路市立美術館で開催されている「国立トレチャコフ美術館所蔵レーピン展」 を観に行きました。中学時代に画集で見た「ヴォルガの船曳」を記憶していて、彼がその他どんな作品を描いたのか知りたくて立ち寄りました。 19世紀後半から20世紀にかけてのロシアは激動の時代で、この時期のロシアはトルストイ、チャイコフスキーなど多くの芸術家を輩出していて、美術の世界で彼らに匹敵するのがイリヤ・レーピンで、ロシア史に取材した歴史画、トルストイやムソログスキーら同時代人の肖像画など、様... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/05 17:16
日画協人物写生会でコスチューム婦人像を描きました。
日画協人物写生会でコスチューム婦人像を描きました。 本年2回目(2月17日)の人物写生会に参加し、描いた作品を翌日腕の長さを修正してアップロードしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/18 19:50
望洋停からの眺め(牛窓)
望洋停からの眺め(牛窓) 5月16・17日牛窓に行く。一日目最初は観光案内所のレンタサイクルで牛窓神社ふもとまで行き、望洋亭まで石段を上り右方向を向いてスケッチ、帰宅後縦画面の下半分を切って彩色した。観光案内所まで戻り、バスの終点の三叉路の内、真中の道が天神社に通じており、その石段の途中から後ろを振返って2枚目の白黒スケッチをし帰宅ご彩色した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/16 09:27
男性モデルを木炭でデッササンしました。
男性モデルを木炭でデッササンしました。 9月はデッサン教室(よみうり文化センター)で2回男性モデルをデッサンしました。1回目は鉛筆で2回目は木炭で15分〜20分2回程で行いました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/16 08:52
民族衣装を着たモデル
民族衣装を着たモデル NHK西宮教室で7月11日、25日の2回民族衣装(ドイツ)を着た女性を描く。最後まで口元の描写に苦労する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/27 10:35
私のホームページの「小品ギャラリー」にあった「万博公園の梅林」2点を「旅・スケッチ」に移しました
私のホームページの「小品ギャラリー」にあった「万博公園の梅林」2点を「旅・スケッチ」に移しました 万博公園の梅林のスケッチを2点ほどしています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 10:46
私のホームページ「小品ギャラリー」にあった「冬の緑地公園」2点を「旅・スケッチ」に移行しました。
私のホームページ「小品ギャラリー」にあった「冬の緑地公園」2点を「旅・スケッチ」に移行しました。 2009年に自宅からバイクで30分ほどで行ける緑地公園でスケッチしたものです。 1枚目はスケッチ後自宅で加筆・修正したものです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/01 10:26
伊根への一泊スケッチ旅行一日目の作品を修正しました
伊根への一泊スケッチ旅行一日目の作品を修正しました 日画協の伊根一泊スケッチ旅行の一日目の作品を先日参加した弓手研平さんの講習会からヒントを得て、木炭で形を引き締めたり、一部インディゴでトーンづけをして修正しました。構図上は画面上部遠景の海面は当初は真中であったものを右に移動しています。(二日目に描いた「伊根倉庫から」はすでにホームページにアップロードしています) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/22 16:02
事例49 室津港
事例49 室津港 数年前に描いた室津港の3作品のうち、8号の作品は日画協の展覧会に未出品ですのでこれを現在制作中の60回記念誌に投稿すべく加筆修正する予定です ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 15:39
犬塚勉展を見ました
犬塚勉展を見ました 1月7日に京都高島屋で開かれている「犬塚勉展ー純粋なる静寂ー」を見ました。  2、3年前にNHKの日曜美術館で彼の作品をみてその緻密な描写力による迫力に圧倒された経験していましたので、彼の全作品が見れる展覧会ですので期待して会場に足を運び、期待通りの感動を味わいました。  どこにでもある風景であり、誰もが通り過ぎてきた場所のような林や草むら、切り株、ブナの木、山の砂利道と 絶筆となった渓谷の入り口の状景の作品群とそれぞれの作品を描くためのエスキース類が展示されていて、彼の初期からの作品群と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 18:49
上田素久先生の個展を見ました
上田素久先生の個展を見ました 11月16日に小豆島の作品に漂泊の俳人・尾崎放哉の俳句を併せた上田素久先生の個展「放哉と小豆島に遊ぶ」を見ました。先生の暖かい伸び伸びした作品と自由律の作風で知られる放哉の俳句は良くマッチしていて 感心しました。 偶々、吉村昭の「海も暮れきる」を読了しました。放哉が小豆島で死を迎えるまでの八カ月の日々を鮮烈に描いた作品でこれにも感心しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/03 12:14
太平洋関西展、院展を見ました。
太平洋関西展、院展を見ました。 10月21日太平洋関西展及び院展を見ました。太平洋展で印象に残った作品は佐々木徹郎の「能登の漁港」、飯浜富士男の「漁港の人々」でした。 「能登の漁港」は画面奥に左右に広がる対岸の家並みと手前正面から奥に伸びる船の広い甲板で構成され、その甲板の左右に見える複数のアンバランスな棒杭が画面に動きを与えていました(これからデジカメで作品撮影して紹介することにします)。 院展では今年も様々な独創的な画面構成に感心しました。たとえば前田斉子の「耀映」は手前から奥に段々と細くなる畔が一見平凡ですが見る者を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/15 09:42
英国旅行スケッチ集(つづき)
英国旅行スケッチ集(つづき) 3日目:コッツウォルズの村〃のうち先ずバイブリーでスケッチする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/05 21:28
英国旅行スケッチ集
英国旅行スケッチ集 6月18日〜25日(’11)英国観光ツアーに家内と共に参加しスケッチしましたので紹介していきます。 1日目ウィンチェスター 静jかで小さな町、ウィンウェスターで到着した日にホテル前をスケッチする ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/05 21:03
事例48 作品「長居植物園で」を修正します。
事例48 作品「長居植物園で」を修正します。 日画協写生会(3/13)で描いた「長居植物園で」を修正しようと思います。 特に橋の下及び水面を重点的に修正・加筆することにします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/15 16:55
ザ・コレクション・ヴィンタートゥールを見ました
ザ・コレクション・ヴィンタートゥールを見ました スイスのヴィンタートゥール美術館所蔵の作品90点が兵庫県立美術館で公開されていますので(11月30日に)見てきました。 ヴィンタートゥールという言葉はスイスの町の名前で、作品は19世紀後半から20世紀前半までの約100年の日本初公開の近代絵画が8章に分類されて系統的に見る事が出来ました。即ち第1章フランス近代T「ドラクロワから印象派まで」に始まり第8章「20世紀V「素朴派から新たなリアリズムへ」となっていました。 第4章「ナビ派から20世紀へ」の中にマルケの作品を見つけ懐かしく思いました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/02 20:45
第72回一水会展を見ました
題記 一水会展を見ました(11/17於:大阪市立美術館)。 私の印象に残った作品は、常任委員では、さきやあきら「段丘」、委員では一の瀬洋「冬」、会友では永谷光隆「風化」(一水会賞)、一般では菅沼正則「雪日」(一般佳作賞)及び鈴木利弘「最上川初雪」(一般佳作賞)でした。 運営委員・常任委員・委員・会員は過去の作品が、会友・一般は受賞作品が一水会のホームページで見ることができますので興味のある方は一度ホームページを覗いてみる事を勧めます(URLはhttp://www.issuikai.org/)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 22:53
事例50 濁色をメリハリのある色彩に変える
事例50 濁色をメリハリのある色彩に変える 一旦描き直してみたが、手前が濁色で中景・遠景もメリハリが無く平板な絵になっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/28 15:09
院展・太平洋関西展を見ました。
院展・太平洋関西展を見ました。 10月15日に院展を、16日に太平洋関西展を見ました。院展(再興第95回)は空間の活かし方に感心した作品が多く翌日開催場所の大丸心斎橋店に行き作品集を購入しました。同人で日本芸術院会員の清水達三の「那智」、一般の江藤紀世、鬼塚堅太、須田健文、高宮城延枝、藁谷実の各作品に感銘を受けました。 太平洋関西展では毎年楽しみにしていた高梨潔会長が昨年5月に逝去され、遺作が展示されていたのは驚きでした。享年78歳とのことでした。昨年の同展で良かった佐々木徹郎、山本順一の各作品も相変わらず手堅い作風で好印象... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/21 18:33
事例49 「伊根風景2」の構図の見直し
事例49 「伊根風景2」の構図の見直し 朝日カルチャー榎本教室の伊根への一泊スケッチ旅行に参加、2日目に描いた「伊根風景夫2」は画面右下からボートの水平線に沿って左上に向かっていると榎本先生に指摘される。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/10 18:07
事例研究No.48 樹木の葉の描き直しによる遠近表現の強調
事例研究No.48 樹木の葉の描き直しによる遠近表現の強調 毎朝散歩する豊中緑地で描いたスケッチを描き直したが手前の地面が汚く、正面奥に見えるポプラのシルエットの上部が不明確なのが気になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/29 12:39
事例研究47 船を乗せる台車が草むらから浮いて見えるのを修正する
事例研究47 船を乗せる台車が草むらから浮いて見えるのを修正する 関西水彩画会の講習会で描いた「湖畔風景」の1つの作品の前景に船を乗せる台車が描かれていたが、その台車が草むらから浮いて見えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/07 15:19
事例46 奈良東大寺の見える風景の東大寺を小さくしました。
事例46 奈良東大寺の見える風景の東大寺を小さくしました。 榎本水彩教室で一昨年東大寺の裏の風景の写生会が行われ、私は東大寺が半分程見える風景を描きましたが、画面に占める東大寺の屋根が大きすぎること、画面がフラットで動きが無いので描き直しをしました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/30 15:39
事例45 小豆島のマルキン醤油工場前の道路の遠近表現を強調しました。
事例45 小豆島のマルキン醤油工場前の道路の遠近表現を強調しました。 日画協の春の一泊写生旅行は小豆島で一日目に描いたマルキン醤油風景は私のホームページにアップロードし、左の電柱を描き直すというコメントを付けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 22:11
日洋展に入選し、国立新美術館に行ってきました。
日洋展に入選し、国立新美術館に行ってきました。 昨年退会した日仏現代美術展に代えて、大きな作品を出展できる公募展を検討して日洋展に出品することにし、このブログで「4月初旬に越後川口に行きました」で描いた作品を初出品し入選しました。 日洋展の委員長「塗師祥一郎先生」の作品は雪の民家群を描いた作品で、日展ではよくポストカードなどを買っていましたが、神戸での研究会でも親切、適切なアドバイスをしておられ感心しました。 5月26日に東京六本木にある国立新美術館の本展を訪れ、巡回展では見られない多数の良い作品をみることが出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/04 10:30
雨の中で小豆島のスケッチをしました。
雨の中で小豆島のスケッチをしました。 日画協の春の一泊旅行に参加し、一日目は醤油工場を描き、二日目は雨の中、オリーブ公園の中のハーブガーデンで小さいスケッチ、オリーブ記念館の二階の喫茶店で小さいスケッチそしてサン・オリーブというレストランのテラスで三枚目の小さいスケッチを描きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/25 09:24
第86回白日会関西展を見ました。
関水でいつも一緒に搬入の当番をしている白日会会員Oさんの招待券で題記展覧会に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 00:58
4月初旬に越後川口に行きました。
4月初旬に越後川口に行きました。 4月11日法事で上京した帰路に越後川口に行き一泊して帰阪しました。越後川口の冬景色を描いた作品を数年前に「一枚の絵」という雑誌でみて印象に残っていて、一度は行ってみたいと思っていましたのでやっと実現した次第です。未だ残雪がありましたが生憎霧雨で泊まったホテルの窓からしかスケッチ出来ませんでした。 (なんとか写ったデジカメ写真を基に100号を制作しているところです)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 09:57
ツアー「みちのく秘湯めぐり」に参加しスケッチもしました。
ツアー「みちのく秘湯めぐり」に参加しスケッチもしました。 4月4日から4日間、東北を代表する三大秘湯をめぐるツアーに家内と共に参加し、5枚スケッチをしましたので、紹介します。 1日目:伊丹空港から(秋田空港経由)田沢湖高原温泉に到着、(乳頭温泉往復後)宿泊したホテルから田沢湖が展望できるバス停まで行き、付近の残雪の上から一枚目をスケッチする。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/08 23:10
映画「剣岳-点の記」の映像の素晴らしさに感動。
昨年封切られた映画「剣岳-点の記」のDVDレンタルが昨年12月から開始され、早速借りて観ました。 標高3000メートルの剣岳を873日かけて登頂した激闘のストーリーを木村大作監督が撮影まで2年公開まで3年かけた映画で、大自然の映像が素晴らしく、例えば登頂開始のころの映像でも、私がDVDを観ながら撮影しましたが、画像が無くなっておりお見せす事が出来ず済みませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/01/13 20:25
事例44 鶴見緑地公園の滝のあたり
事例44 鶴見緑地公園の滝のあたり 課題:水面・雑草・樹木の描き直し ジパングクラブの出口先生スケッチ教室で「鶴見緑地の滝と渓流を描く」に参加しました。実は今年の夏に同じところでスケッチしていて、夏草が生い茂っていたのでこの時期はどのように変化しているのか興味がありました。 程よく紅葉が見られ、渓流を取り巻く雑草も色ずいていました。しかしその雑草と水面が描いているうちに濁り、右の樹木も存在感が薄いため、もう一度描こうと思います。 (しかしながら、修正前の画像が消失していますので、加筆・修正後の画像を紹介します。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/30 22:28
事例43 奈良 馬見公園
事例43 奈良 馬見公園 課題:樹木をもっと大きく描く。 日画協の写生会で奈良の馬見公園に行きました。 描いてからよく見ると平凡な、緑一色の絵になっています。現場の写真と比較すると樹木が細く描かれていることに気付きました。構図的には水面が広すぎます。先ず樹木を大きく描いてみようと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/30 22:03
古い煙突(常滑)・古い漁港(鞆の浦)
古い煙突(常滑)・古い漁港(鞆の浦) クロアチアの二作品の他、日曜画家協会主催の一泊スケッチ旅行で描いた二作品もチャリティ展に出展します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/30 21:43

続きを見る

トップへ

月別リンク

アマチュア画家の風景画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる